カナデルプレミアホワイトの栄養成分とその働きについて

年齢とともに気になる肌の変化へ優しくサポートしてくれる「カナデルプレミアホワイトオールインワン」。
「カナデル プレミアホワイトオールインワン」は大人の美白へとアプローチするビタミンCエチルのほか、多くの美容成分を含んでいます。
このページでは、美白成分のビタミンCエチルに加え、植物生まれで肌を整えてくれる厳選成分ボタニカルブライト13を有効成分ごとにピックアップしてご紹介します。さらに、美容成分を際立たせてくれるクリーム状ブースト処方まであわせてご覧ください。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ビタミンCエチル」

ビタミンCエチルは正式名称を「3-o-エチルアスコルビン酸」と呼ばれる水溶性ビタミンCです。お肌の美白の大敵、メラニンを抑制するためにはビタミンCが欠かせないのですが、実はビタミンCは非常に不安定な性質をもっていて、そのまま化粧品に配合してもあまりうまく働いてくれません。そのため、肌になじみやすく加工された成分のことを「ビタミンC誘導体」と呼んでいます。
この「ビタミンCエチル」は、従来のビタミンC誘導体よりも早い段階で働くビタミンC誘導体です。その秘密はほかのビタミンC誘導体が必要とする酵素反応を必要としないことにあります。このため、「ビタミンCエチル」は早い段階から、しかも持続的に肌に働きかけることができるのです。
さらに「ビタミンCエチル」の持つビタミンCの含有量は一般的なビタミンC誘導体の平均の約2.7倍! 早く、長く働きかけてくれるうえにその「濃さ」までも優れている美白成分なのです。
では、このビタミンCエチルはとくにどんな働きをしてくれるのでしょう。それは「紫外線対策」です。
紫外線は、年間を通じて降り注ぐA波と春や夏といった暖かい季節に多いB波があります。どちらにせよ年間を通して降り注ぎ、肌へとダメージを蓄積していくため、毎日のケアが欠かせません。
ビタミンCエチルは紫外線によって過剰生産されたメラニンを直接的に還元する働きを持っています。さらに紫外線によって活性化されるチロシナーゼという酵素の活性阻止の働きも期待されています。これらの高い働きによって、単なる美容成分としてだけでなく「医薬部外品」にも認定されているのです。
カナデルでは、この「ビタミンCエチル」のクリーム化と濃厚配合に成功しています。シミの原因となるメラニンの生成と、シミになる前のプレメラニンが黒く変化することを抑制することで、年齢とともに気になる肌の白さをサポートしてくれます。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ボタニカルブライト13@整肌成分」

「ボタニカルブライト13」とはすべて植物由来の13種類の美肌サポート成分です。お肌へと多角的にアプローチするために、数ある美肌成分のなかから特別にピックアップされた成分になります。
13種類の美肌成分のなかで、整肌成分として期待されるのがクワエキス、オウゴンエキス、カンゾウフラボノイド、ツボクサエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、スターフルーツ葉エキス、ヒキオコシエキス(1)の7種類。
これらの成分は、それぞれにお肌環境を整えるのに働いてくれます。一口に「肌」といってもその状態はさまざまです。肌の光沢、肌の色つやには肌のキメを整えることが重要となってきます。
ボタニカルブライト13のなかでも上記の7種類の成分は、肌のキメを整えるようサポート。キメの整った肌は光を均一に反射するため明るくなり、化粧のノリも改善します。年齢とともに肌の荒れの悩みが増えていく人が多くなりますが、これらの成分が24時間ずっと明るい顔色を保つサポートをしてくれるのです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ボタニカルブライト13A保湿成分」

お肌環境を整え透きとおるような肌を保つためには、「肌のキメ」を整えるのと同時に「肌のうるおい」、つまり肌の保湿も重要となってきます。
ボタニカルブライト13に含まれる成分のなかでも、トキエキス(1)、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、キウイエキスの4種類は、この「肌のうるおい」を保つ保湿成分としての働きをもっています。
実は、肌は紫外線にさらされた状態に長く置いておくと、うるおいまで失われてしまいます。
肌の乾燥は肌環境の悪化だけでなく、シミ対策としてもよくない状況です。ビタミンCエチルによるメラニン抑制をサポートするためにも、肌にうるおいを与える保湿成分が欠かせなくなってくるのです。これらの4種類の美肌成分は、うるおいを失って乾燥してしまった肌のうるおいをサポートする働きをしてくれます。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分「ボタニカルブライト13Bエモリエント成分」

肌に多角的にアプローチするボタニカルブライト13のなかでも、肌のバリア機能として働くのがスクワラン、メドウフォーム油といった2つのエモリエント成分です。
肌は乾燥したり荒れたりすると角質層に隙間ができてしまいます。角質層は肌の表面に近い部分にあり、肌内部に紫外線がとどくのを防ぐ働きがあるのですが、この角質層に隙間ができてしまうと紫外線が肌の奥まで届きやすくなってしまうのです。肌の奥まで届くということは、もちろん紫外線などのダメージが通りやすくなるということ。肌環境を守るためには、この角質層の隙間の軽減も一つのテーマです。
エモリエント成分であるスクワランとメドウフォーム油は、角質層の肌のバリア機能を高める働きが期待されています。肌のバリア機能を高めることで、ダメージを未然に防ぐことに繋がります。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分を際立たせる「クリーム状ブースト処方」

「カナデルプレミアホワイトオールインワン」の大きな特長のひとつがクリーミーなとろけるようなテクスチャー。クリーミーな性質は手に取ったときはもっちりと、肌になじませるととろ〜んとしっとりとするなじみのよさが魅力です。さらにこのクリーミーさは、使い心地のいいものとするだけでなく、「カナデルプレミアホワイトオールインワン」の美容成分をより際立たせる効果があります。
それを可能にしているのが「クリーム状ブースト処方」です。水にも油にもなじみやすいブーストオイルを20%配合することにより、有効成分が肌に浸透してじっくりと浸透していくのを助けてくれます。
香りも優しくてクリーミーなのに、べた付き感が少ないのも嬉しいところ。ブーストオイルを配合していても気になるオイルっぽさはまったくなく、時間がたってもうるおいを実感できることでしょう。
もちろんこのオイルは鉱物油を使用していない安全仕上げ。ほかの肌トラブルを引き起こす成分は徹底的にカットされているので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。さらにパラベン、合成着色料、合成香料、アルコールも無添加。多種のアレルギーテストも済んでいる徹底ぶりです。

カナデルプレミアホワイトオールインワンの栄養成分のまとめ

ここにご紹介した美容成分などで作られた「カナデルプレミアホワイトオールインワン」はすべて国内生産です。肌に優しいこだわりをもって作られた商品はすべて厳しい基準と試験もまたクリアしています。外箱も環境保全のFSC認証の資材を用い、環境に配慮した「水なし印刷」を使用、GP認定もクリアと美容成分だけでなく外箱にまで徹底した配慮ぶりです。「カナデルプレミアホワイトオールインワン」は安心して使用できる商品に仕上がっていますので、ぜひ一度その実感を味わってほしいと思います。